院長あいさつ|立川市柏町の「おおたか脳神経外科・内科」|脳ドック、MRI・CT検査、玉川上水駅徒歩3分

玉川上水 南口 徒歩5分

TEL:042-535-1177

dehazeMENU

院長あいさつ

院長のごあいさつ

イメージ

私は、1980年北里大学医学部を卒業後、脳神経外科医として常に最前線に立ってきました。関連病院出向、救急センターの講師時代を含め、北里大学で大学病院を中心に9年間の臨床経験を積んだのち、1989年4月に東大和病院に脳神経外科部長として赴任しました。1998年7月から病院長に就任、その後、17年間、病院長として、病院のマネジメントとともに臨床医として医療現場に携わってきました。この間、東大和市医師会理事の任務にも就いていました。同時に東大和市をはじめとする北多摩西部2次医療圏を中心に脳卒中の連携推進事業、救急医療の中心的な役割も担い、東京都の救急業務協議会の委員なども務めてきました。2015年4月より社会医療法人大和会の常務理事を務め、足かけ27年東大和病院に勤務したことになります。大学時代を含めると36年間の病院勤務になります。この間、何十万人の患者さんの診療。数千例の手術を経験致しました。そして、この経験を生かし脳神経外科の1医師として原点に立ち戻り、脳神経外科を中心とし、地域に根差した「かかりつけ医」として人生を過ごしたいと考えました。脳神経外科を中心とした外来診療を、相談しやすく、わかりやすく説明し、信頼していただける身近なクリニックでありながらも高度な医療を提供したいと考え、MRI・CT・CR・エコーなどの高度な診断機器を導入しました。特にMRIは閉塞感のない閉所恐怖症の方にも対応できるオープンタイプのMRIを設置しました。音も静かで人にやさしいMRIと言えます。頭痛やめまい、手足のしびれなどの数多い症状の診断治療から、脳卒中の予防のために、生活習慣病の改善や、脳卒中の再発予防、脳腫瘍、けいれん、頭のけが、もの忘れ、認知症(認知症サポート医です)、変性疾患等々、脳神経疾患に広範に対応してゆく所存です。20年来東大和病院で行っていた脳ドックも、当院でも行います。内科疾患も可能な限り対応します。敷居の低い、気安く受診できる「かかりつけ医」でありたいと思っています。クリニックの運営方針は明るく、優しく、暖かくをモットーとし、内装も桜をイメージし心安らぐ雰囲気づくりを心掛けました。お気軽に受診してください。なにとぞよろしくお願いします。

おおたか脳神経外科・内科 院長
大高弘稔

経歴

  • 昭和55年3月
    北里大学医学部卒業
  • 昭和55年4月
    北里大学病院脳神経外科勤務
  • 昭和60年4月
    富士重工健康保険組合太田病院脳神経外科出向
  • 昭和62年4月
    北里大学医学部脳神経外科講師
  • 昭和63年4月
    北里大学病院救命救急センター勤務
  • 平成元年4月
    特定医療法人財団大和会東大和病院勤務(脳神経外科部長)
  • 平成 9年7月
    特定医療法人財団大和会理事に就任
  • 平成10年7月
    東大和病院病院長就任
  • 平成27年3月
    東大和病院病院長退任
  • 平成27年4月
    社会医療法人財団大和会 常務理事に就任
    東大和病院病院 脳卒中・脳神経センター長兼任
  • 平成28年5月
    おおたか脳神経外科・内科 開院
  • 北里大学医学部 非常勤講師
  • 東京医科歯科大学医学部 臨床教授
  • 医療法人財団 大和会 東大和病院 名誉院長

所属学会・資格

  • 日本脳神経外科学会(専門医、評議員)
  • 日本脳卒中学会(専門医、評議員)
  • 日本神経救急学会(世話人)