頭痛外来|立川市柏町の「おおたか脳神経外科・内科」|脳ドック、MRI・CT検査、玉川上水駅徒歩3分

玉川上水 南口 徒歩5分

TEL:042-535-1177

dehazeMENU

頭痛外来

頭痛は大きく分けて2タイプ

頭痛に困ったことがある方は世の中に3割程度いるとされ、頭痛は比較的誰でも経験したことがある症状なのではないでしょうか。なお頭痛は1次性頭痛、2次性頭痛と大きく2つのタイプに分けられます。

イメージ
イメージ

ただそのうちの9割は1次頭痛であり、この場合は画像検査などで異常はなく、頭痛の元となる病気がないものをいいます。

1次性頭痛は主に片頭痛、緊張性頭痛、群発性頭痛の3つのタイプに分けられ、主に頭痛治療薬の使用や生活習慣の改善、頭痛体操など頭痛の治療と予防を行っていきます。
また、くも膜下出血、脳腫瘍、髄膜炎、風邪などの病気があった上で頭痛の症状がでている場合を2次性頭痛と言います。この場合は、元となっている病気の治療が必要になります。

一次性頭痛について

主な一次性頭痛は以下に示す3つのタイプがあります。

片頭痛

イメージ

頭痛の中で1割弱を占め、女性に多く、遺伝が関係することも多いといわれています。片頭痛の特徴的な症状としては、月に1~数回程度と起きるとされ、1回あたりの症状は数時間持続し、ズキズキと脈打つような痛みが、頭の片側、ないし両側にみられます。また頭痛が起きる前に目の前がキラキラしたり身体がチクチクするといった前兆がある方もいるので、前兆のある片頭痛と呼ばれることもあります。

そのほかにも、光や音、においなどに過敏になったり、吐き気や嘔吐を伴うことや、階段を上るなどの日常動作で症状が悪化することもあり、そのため、仕事や学校生活といった社会生活に支障をきたしてしまうこともある頭痛でもあります。

緊張型頭痛

イメージ

緊張性頭痛は頭の両側がぎゅーっと締め付けられるような痛みが特徴です。無理な姿勢が続いたり、長時間のパソコン作業が多い方がなりやすい頭痛で、ストレスや疲れも症状を強くさせるので、午後から夕方にかけては徐々に症状が強くなることが多いです。比較的軽い症状なので、日常生活に支障が少ない場合が多いですが一次性頭痛の患者様のうち4割と多くを占めています。

なお前兆がない片頭痛と混在することが多く、見分けるのが難しいのですが頭痛日誌などの記録を用いることで区別は容易になりますので、正しく治療を行うことが大切です。

群発性頭痛

イメージ

群発性頭痛では片目の奥の方に眼をえぐられるような激しい頭痛がおき、それが15分~3時間程度続きます。その頭痛が数週間から数ヶ月の間たびたび繰り返され、眼の充血や涙、鼻水や眼瞼下垂などの症状を伴うことが特徴です。

男性に多く、かなり強い頭痛のため日常生活がままならないですが、発作時間が比較的短いため鎮痛剤は効果がほとんどなく予防が大切といえます。頭痛が繰り返しでる期間を群発期といい、アルコールは頭痛発作をおこしやすいので避けた方がいいでしょう。

薬物乱用性頭痛

イメージ

これは一次性頭痛ではなく、二次性頭痛に分類されますが、一次性頭痛と合併することが多い頭痛です。緊張性頭痛と片頭痛の両方をもっている方などで頭痛の頻度が多く、間違った頭痛の治療薬を使用すると1ヵ月に15日以上とさらに頻回の頭痛が引き起こされてしまいます。具体的には毎週2~3日以上、定期的に頭痛の治療薬を使っている方は薬物乱用性頭痛に陥ってしまう可能性が高いといえます。

ほぼ毎日のように頭痛に悩まされており、そのたびに治療薬を使っているという方はまずは薬を止めてみることで薬物乱用性頭痛なのか慢性の一次性頭痛なのか見極めることが必要になります。

二次性頭痛について

二次性頭痛は脳や体の異常から起こるもので、代表的な原因に以下のような疾患があります。

頭痛は一次性頭痛が大半であり、二次性頭痛は全体の1割程度です。しかし、非常に少ないながらも頭痛の中には命が危険にさらされるような病気が隠れていることもあるので頭痛を診る際には注意深い診察が必要となります。

そのため、入院を必要とするような重篤なものか、さらに外科的治療が必要であるものかを判断することがとても大切であり、そのためにはCTやMRIといった画像診断は重要な判断材料です。

くも膜下出血

イメージ

脳の血管が破裂し、くも膜下腔((脳を覆っている3層の髄膜のうち、2層目のくも膜と3層目の軟膜の間の空間))に出血が起きる症状で、嘔吐やけいれん、意識消失を伴うこともあります。発症時には、非常に強い痛みがいきなり起きると言われますが、出血の程度によっていろいろ異なってきますので、程度にかかわらず、突然の頭痛を自覚したら、脳神経外科を受診しましょう。

くも膜下出血について 詳しくはこちら »

脳出血

くも膜下出血と症状が似ていますが、脳出血の場合は必ずしも痛みを伴わないのが特徴的です。
意識障害、手足のしびれ、物が二重に見える、吐き気・嘔吐などの神経症状が現れてきます。

脳腫瘍

頭の内部にできた腫瘍が大きくなることで脳の神経を圧迫し、頭痛を引き起こします。脳腫瘍による頭痛は、突然起こることは少なく、数週間から数ヶ月かけてじわじわと痛みが強くなってきます。起床時に痛みが強いのが特徴です。頭全体か頭の一部で圧迫感や鈍い痛みが続き、手足のしびれや麻痺、言語障害、吐き気・嘔吐や手足のけいれんなどが現れることもあります。

髄膜炎

髄膜炎は、髄膜という脳や脊髄を保護するための膜の部分が、感染による炎症を起こして発症します。首筋が硬直したり、後頭部が痛んだりするなどの症状が出現します。意識障害やけいれんを引き起こすこともあります。嘔吐、高熱といった強い頭痛を伴う「細菌性髄膜炎」を発症すると、命にかかわるケースがありますので、要注意です。

二次性頭痛の原因

イメージ

二次性頭痛の原因としては、スポーツや転んで頭を強く打った後の硬膜下血腫・硬膜外出血といった頭の中の出血であったり、頚椎の捻挫が頭痛の原因になることがあります。病気が原因になるものとしてはくも膜下出血であったり、脳の腫瘍、感染、ほかにも血管の解離などもあげられます。また、風邪や副鼻腔炎、急性緑内障なども頭の病気ではありませんが二次性頭痛の原因となります。

二次性頭痛が疑われる症状

以下のような頭痛が生じたら、二次性頭痛が疑われますので、早めに脳神経外科を受診してください。

頭痛について
イメージ
  • 突然の頭痛
  • 今まで経験したことの無い頭痛
  • 徐々に症状が悪化していく頭痛

普段の頭痛では起こらない頭痛以外の症状
  • 発熱、ものが2重に見える、ろれつが回らない
イメージ
  • 神経症状(しびれや麻痺、けいれんなど)を伴う頭痛
イメージ
  • 発熱や首のこわばり、吐き気・嘔吐などを伴う頭痛
イメージ

頭痛以外の症状
イメージ
  • 40歳以降に初めて起こった頭痛
  • がんや免疫不全などの全身の病気がある場合
  • 精神症状を有する患者の頭痛

診断について

頭痛の診断では症状の経過や状況を把握することがとても大切です。診察でおおまかな診断はつきますが、さらに詳しい検査をすることで正確な診断、的確な治療を導くことができます。

イメージ

当院では、医療の現場で30年以上、頭に関する診療に携わってきたベテラン脳外科医が診察にあたります。また、当院で診断に使用しているオープンMRIは従来型MRIに比べ閉塞感がなく、騒音も軽減されており閉所恐怖症の方や子ども、高齢者の方でも負担が少なく検査を行うことができます。CTも高精細サブミリ撮影という短時間で精密な画像を撮ることが可能です。

普段から頭痛に悩まされている方は頭痛から解放された日常を望んでおられるでしょうし、今まで頭痛がなく初めて頭痛がでたという方は迅速な診断と治療が必要です。これらでお悩みの方は、脳神経外科専門医である当院長にお気軽にご相談ください。