頭のけが|立川市柏町の「おおたか脳神経外科・内科」|脳ドック、MRI・CT検査、玉川上水駅徒歩3分

玉川上水 南口 徒歩5分

TEL:042-535-1177

dehazeMENU

頭のけが

頭を打ったとき

イメージ

頭を打った時には、脳にいろいろな変化が起こります。特に頭蓋骨の内側に出血が起きると生命に危険を及ぼすことが多いので注意が必要です。 このような頭蓋内出血の症状は、頭を打った後すぐ起こることも、1~2日、時には数日経ってから起こることも、またずっと遅れて数ヵ月も経ってから起こることもありますから、現在何も症状がなくても十分注意しなければなりません。
頭を打った後、元気だった人が急に死亡したりすることがあるのはこのような頭蓋内出血のためです。
この頭蓋内出血は、頭蓋骨骨折とは必ずしも関係しませんから、頭の骨に異常がないからといって安心はできません。なお、小さな子供さんは相当強く頭を打った時でも、症状が出にくいことが多いので、たとえ元気にしていても2~3日は目を離さないことが大切です。
頭を打った後少なくても1~2日は安静を保ち、一人で外出したりしないよう注意して下さい。

  • 痛みが激しい時
  • 吐き気や嘔吐が何回も起こるとき
  • 意識がぼんやりするとき
  • 手足がよく動かしにくいとき
  • ひきつけ(痙攣)をおこしたとき

上記のような症状が出現した場合は、すぐに受診してください。

脳振盪(のうしんとう)

脳震盪とは、転倒や外傷などの直接的な頭部への打撃により脳が大きく揺さぶられ、一時的に起こる脳の機能障害のことです。
ラグビーやアメリカンフットボール、ボクシングなどの身体の衝突や衝撃を避けられないスポーツなどでよく起こるとされています。また、転倒などで頭部から倒れた際に頭部を打ち付けることでもこの脳震盪は起こりやすいといわれています。
症状は急激に現れ、自然に消えていくとされており、脳の器質的損傷より脳の機能障害が原因であることが多いため、一般的にはCTやMRIなどの画像上では異常所見はみられないとされています。

頭蓋骨骨折(ずがいこつこっせつ)

頭蓋骨骨折とは、脳を取り囲む骨が折れることです。頭蓋骨骨折は動脈や静脈を傷つけ、脳組織周囲の空間に血液が漏れ出すことがあります。頭蓋骨骨折が起こると、頭蓋骨骨折のない頭部外傷よりも脳に与えるダメージは大きくなります。しかし、頭蓋骨を骨折しても、脳まで損傷しないこともしばしばあります。特に頭蓋の後部や底部を骨折すると、脳を覆っている髄膜が破れます。まれに、骨折部位から細菌が頭蓋内へ侵入して感染症を起こし、脳に重大な損傷を与えることがあります。場合によっては、折れた頭蓋骨の断片が脳を圧迫して傷つけることもあります。このような骨折を陥没骨折といいます。頭蓋骨の陥没骨折では、脳が環境中に露出して異物に触れることで、脳内に感染症が生じたり、膿瘍(膿のかたまり)ができたりすることがあります。

脳挫傷(のうざしょう)

脳挫傷とは、頭部への直接的な強い打撃による脳の打撲状態を指します。
脳挫傷からの出血と、挫傷部とその周囲の脳がむくんでくるため、頭蓋骨の内側の圧が高まり、激しい頭痛、嘔吐、意識障害が現れます。脳挫傷の局所の症状として、半身の麻痺、半身の感覚障害、言語障害、けいれん発作などが現れることもあります。 多量の血腫ができた場合や、脳浮腫による圧迫で脳ヘルニアの状態にまで進行すると、深部にある脳幹が侵され呼吸障害などを起こし、最終的には死に至ります。脳挫傷からの出血によって脳内血腫をつくる場合は、受傷直後に症状が現れることがほとんどですが、高齢者では遅れて血腫が増大することがあるので注意が必要です。

慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ)

慢性硬膜下血腫とは、頭部外傷後慢性期(通常1~2ヶ月後)に頭部の頭蓋骨の下にある脳を覆っている硬膜と脳との隙間に血(血腫)が貯まる病気で、血腫が脳を圧迫して様々な症状がみられます。

急性硬膜外血腫(きゅうせいこうまくがいけっしゅ)

急性硬膜外血腫とは、頭蓋骨と頭蓋骨の内側で脳を包んでいる硬膜の間に出血がたまって血腫になったものです。多くの場合は、硬膜の表面に浮き出たように走っている硬膜動脈が、頭蓋骨骨折に伴って傷ついて出血し、硬膜と頭蓋骨の間にたまって硬膜外血腫になります。そのほか、出血源が硬膜の静脈(静脈洞)の場合もあります。

急性硬膜下血腫(きゅうせいこうまくかけっしゅ)

頭部外傷後、硬膜の下に短時間に血がたまります。急性硬膜下血腫発生の原因のほとんどが頭部外傷によるものです。最も典型的な発生のしかたは、頭部外傷により脳表に脳挫傷が起こりその部の血管が損傷されて出血し、短時間で硬膜下に溜まるというものです。その他、脳自体の損傷はあまり強くなく、外力により脳表の静脈や動脈が破綻して出血するものもあるとされています。受傷機転は転落、交通外傷、殴打などであり、あらゆる年齢層にみられますが、とくに高齢者に多くみられます。小児ではまれですが、虐待による頭部外傷では比較的多くみられることが知られています。また、若年者ではスポーツ中の頭部外傷の際にみられることもあります。

外傷性クモ膜下出血(がいしょうせいくもまくかしゅっけつ)

脳を包んでいる髄膜の3層のうち、硬膜の内側にある薄いくも膜と脳の間に出血が広がったものです。外傷性くも膜下出血では、激しい頭痛、吐き気や嘔吐、意識障害などの症状が表れます。その程度はくも膜下腔での出血量と相関すると言われ、出血量が多い場合にはこれらに加えて意識障害や半身麻痺、言語障害、けいれんといった症状が表れる事もあります。また、命に関わる重篤な状態になることもあります。 外傷性くも膜下出血の治療で手術が行われる事はあまりありません。それは、くも膜下に出た血液は自然と吸収される事が多いためです。ただし、外傷によって頭蓋骨内の圧が上がってしまっている場合には、それを解消するための治療が行われます。これには薬剤等による内科的アプローチや、頭蓋を切除するという外科的アプローチなどがあります。どちらを採用するかは個々の場合によりますが、これが発生するのは深刻な状況と言えるため、他の症状より優先的に対応される事が一般的です。